プロローグ - 1/3

 昔から、ずっとずっと夢みてた……。
『武者魅美さん。あなたこそが、運命の人です。どうか、結婚してください』
 やっと逢えた。私の運命の人……。
 温かい体温。愛する人に抱きしめられるのって、本当に胸がいっぱいになるのね。
 ふさふさしている。ああ、毛深い人なの……。
 なんだかすごく癒される……。