月: 2023年10月

AIのべりすとのMODを使って(作って)みて

最終更新日:2023年10月13日

更新停止中の連載小説がどうにかならんかと、AIのべりすと(プラチナ)で出力なりさせてみることにしました。厳密には数ヶ月前やってはいたのですが、手応えがなくてこれといった報告もできずにいたんですよね。当時と仕様が変わり、スーパーとりんさまと高精度モードが登場したので、プラチナで試すことにしました。

今回は、MODの作成もしてみたのです。作品ぶっ込めば、キャラブの作成の手間も省けるかなと。

けだものらいふ!MODを作成して、使ってみました。作成といっても、小説をテキストファイルに写し、それをAIに渡すだけです。作成にかかった(予測)時間はおよそ41分とのことでした。63440文字(最大160ステップ)、ルミナは80消費しました(大した数字じゃないですね)

けだものらいふだけは、特殊な設定のせいかどれだけAIに教え込ませても理解してくれないのです。AIの一歩先を行く話を書けているってことかな……(じゃあ書き進めろ)
MODを作ることで、よりAIに教えられればいいなと。

しかし、全然と言っていいほどだめでした……。
MODは短い文章の方が効果を実感しやすいとのことで、“この世界の動物は”とだけ書き出し、出力させてみると、“この世界の動物は主に三種類。人間と動物と魔物である。”と、王道RPG的な異世界ファンタジーばかり出てきます。
ではと肝心の続きを書かせてみると、流くんが俺っ子だったり銀くんが『魅美ちゃん』呼びだったり、どうも変。うーん……。

最初の設定が肝心らしいから、魅美が異世界に行く前の部分全部抜いた方がいいのかな? とにもかくにも、MOD作成するにはまだ文章が足りていない感覚はあります。

文体は安定するのかなぁ……。

Hな話は続きに。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】67-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】66-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】65-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】64-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】63-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】62-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む

初恋スコーチング【テキスト先行公開版】61-21b

最終更新日:2023年10月9日

◆この記事は18禁です!

このストーリーは、18禁ノベルゲームにしたい作品の“テキストだけ”先んじて公開するものです。

詳細 / 目次

フリー版で公開していた範囲はそのままノベルゲームテキスト形式、そうでない追加部分は主に小説描写になっています。

続きを読む